コラム

会社設立時の商号調査とは?成功するための基本ガイド

 会社を設立する際、最初の重要なステップの一つが商号調査です。商号は会社の顔とも言えるものであり、その選定と調査は企業の将来を大きく左右します。この記事では、商号調査の基本的な手順と注意点を、具体的な事例や専門家のコメントを交えて詳細に解説します。

 

 

1. 商号調査の重要性

 商号調査は、単に他の企業と重複しない名前を選ぶためだけでなく、法的トラブルを避け、ブランドイメージを確立するためにも欠かせないプロセスです。商号に関する法律や規制によって、違反すると罰金や訴訟のリスクがあります。

商号選定の失敗例

 ある中小企業が「〇〇テック」という商号で設立を目指しましたが、設立後に同じ商号を使う他社から商標権侵害で訴えられ、多額の賠償金を支払うことになったケースが考えられます。このようなトラブルを避けるためにも、商号調査は必須です。

 

2. 商号調査の基本ステップ

ステップ1: 商号のアイデア出し

 まず、会社の理念や事業内容に合った商号の候補をいくつか考えます。この段階では、なるべくユニークで記憶に残る名前をリストアップすることが重要です。

 

事例1: あるIT企業では、社名に「テクノ」を含めたいと考えましたが、「テクノ株式会社」では一般的すぎるため、「テクノ〇〇株式会社」といった具体性のある名前に絞り込みました。

フラット法務事務所からのコメント
 商号に使用する単語は、企業のビジョンや提供するサービスを反映するものが良いです。例えば、未来志向のテクノロジー企業なら「フューチャー」や「インノベーション」といった言葉を組み合わせることで、企業の方向性を明確に示すことができます。

 

ステップ2: 基本的な検索

 次に、インターネットを利用して基本的な商号検索を行います。特許庁の商標検索や、法務局の登記簿閲覧サービスを活用することで、同一または類似の商号が既に使用されていないか確認します。

 

事例2: 小売業を始めようとしていたある企業では、「〇〇マート」という商号を候補にしましたが、調査の結果、類似商号が多数存在していたため、「エコ〇〇マート」に変更しました。

フラット法務事務所からのコメント
 検索エンジンやSNSを使って、候補となる商号が既に他社のウェブサイトやSNSアカウントとして使われていないかも確認しましょう。インターネット上での存在感も重要です。

 

ステップ3: 法務局での商号調査

 基本的な検索の後、法務局で商号調査を正式に行います。法務局では、他の企業が既に使用している商号との重複や類似性を確認することができます。(ネットでも調査可能です。)

 

事例3: 金融業界に新規参入しようとしていた企業が「フィンテック〇〇」という商号にしようとしましたが、法務局での調査により、同様の名前を使用する他社が既に存在することが判明し、変更しました。

フラット法務事務所からのコメント
 商号が重複していると、最悪の場合、商号変更を余儀なくされることがあります。そのため、法務局での商号調査は必ず行うべきです。

 

ステップ4: 商標登録の確認

 商号が、他社の商標として登録されていないかも確認することが重要です。商標として登録されている商号を使用すると、商標権侵害となり、法的措置を受ける可能性があります。

 

事例4: アパレル企業が「ファッションハウス〇〇」を商号にしようとしましたが、調査の結果、既に他社が商標登録していたため、「ファッションプラネット」に変更することになりました。

フラット法務事務所からのコメント
 特許庁の「J-PlatPat」サイトで商標検索を行うことで、簡単に商標登録の有無を確認することができます。また、専門家に依頼して詳細な商標調査を行うのも一つの方法です。

 

ステップ5: 商号の決定と登録

 全ての調査が完了したら、商号を決定し、法務局で会社設立の手続きを行います。この際、定款にも商号を記載する必要があります。商号は一度決定すると変更が難しいため、慎重に選びましょう。

 

3. 商号調査の注意点

 商号調査にはいくつかの注意点があります。以下のポイントを押さえておくことで、スムーズな会社設立が可能になります。商号が他社と重複すると、法的トラブルに発展する可能性があります。特に同業他社との重複は避けるべきです。

 

事例5: 不動産業を営む企業が「リアルエステート〇〇」を商号にしようとしましたが、同名の企業が多数存在していたため、「リアルエステート△△」に変更し、他社との差別化を図りました。

フラット法務事務所からのコメント
 商号が類似している場合も、混同を招く恐れがあり、同様に法的リスクが発生します。音や表記が似ている場合にも注意が必要です。

 

事例6: レストランチェーンを設立する企業が「グルメ〇〇」を商号にしようとしましたが、調査の結果、類似の商号が存在していたため、「グルメ〇〇インターナショナル」に変更しました。

フラット法務事務所からのコメント
 音が似ている商号や、同じ業種で使用されている商号は特に注意が必要です。異なる業種であっても、著名な商号の場合は類似性が問題になることがあります。

商号と商標は異なる概念であり、それぞれの登録が必要です。商号が商標として登録されていないか確認することは、トラブルを未然に防ぐために重要です。

 

4. 商号調査の具体的手順とツール

 商号調査を効果的に行うための具体的な手順とツールを紹介します。

手順1: 基本的なインターネット検索

 まずはGoogleやYahoo!などの検索エンジンで、候補となる商号を検索し、既に使用されているかどうかを確認します。また、SNS(Twitter、Facebook、Instagramなど)でも同様の検索を行い、商号の使用状況を確認します。

手順2: 法務局の商号検索システムを利用

 法務局のウェブサイトには商号検索システムがあり、これを利用して正式な商号調査を行います。特に重要なのは、同一商号や類似商号が既に登録されていないか確認することです。

手順3: 特許庁のJ-PlatPatを利用

 特許庁が提供するJ-PlatPat(Japan Platform for Patent Information)を使用して、商標として登録されているかどうかを確認します。商号が商標登録されている場合、その使用は法的に制約されるため注意が必要です。

手順4: 国際的な商号・商標調査

 WIPO(世界知的所有権機関)のGlobal Brand Databaseや、各国の商標データベースを利用して、国際的な商号・商標調査を行います。これにより、将来的な海外展開時にトラブルを避けることができます。

 

5. 商号調査をプロに依頼するメリット

 商号調査は自分で行うことも可能ですが、専門家に依頼することで得られるメリットは多いです。

メリット1: 専門知識と経験 行政書士や司法書士などの専門家は、商号調査に関する豊富な知識と経験を持っています。彼らに依頼することで、見落としや誤解を防ぐことができます。

メリット2: 時間の節約 商号調査は時間がかかる作業です。専門家に依頼することで、自分自身は本業に集中できるため、効率的に会社設立の準備を進めることができます。

メリット3: 法的リスクの回避 専門家は法的リスクを最小限に抑えるためのアドバイスを提供します。商号や商標に関するトラブルを未然に防ぐことができ、安心してビジネスをスタートできます。

 

6. 商号決定後の注意点

 商号を決定し、登録が完了した後も注意が必要です。

・ブランド戦略の一環としての商号管理

 商号は企業のブランドイメージを形成する重要な要素です。定期的に商号の使用状況を確認し、ブランド戦略の一環として管理することが重要です。

・商号変更の際の手続き

 事業の拡大や転換に伴い、商号変更が必要になる場合があります。この際、法務局での手続きや、定款の変更、関係各所への通知など、適切な手続きを行う必要があります。

・法的トラブルの予防策

 商号が他社とのトラブルに発展しないよう、常に注意を払い、必要に応じて専門家の助言を受けることが重要です。特に、競合他社との類似性については継続的に監視し、問題が発生する前に対処しましょう。

 

7. まとめ

 商号調査は、会社設立の成功には重要なステップです。適切な調査を行い、法的トラブルを避けるために、以下の手順をしっかりと踏みましょう。

  1. 商号のアイデア出し
  2. 基本的な検索
  3. 法務局での商号調査
  4. 商標登録の確認
  5. 商号の決定と登録
フラット法務事務所からのコメント
 商号調査は時間と労力を要しますが、後々のトラブルを避けるためには欠かせないプロセスです。プロの行政書士に依頼することで、スムーズに進めることができます。

 商号調査を怠らず、しっかりとした準備を行うことで、会社設立の第一歩を確実に踏み出しましょう。商号は企業のブランドイメージを形成する重要な要素であり、その選定と調査にかける時間と労力は、将来的な成功への投資となります。商号の決定は企業の命運を握る重要な作業です。慎重に調査を行い、適切な商号を選びましょう。

 

 

*記事内の事例(ケース)については、行政書士法人フラット法務事務所で経験したものだけでなく想定ケースも含まれ、実際の事例とは異なることがあります。

 

 

 

契約書の作成やチェックのご相談はお気軽に行政書士法人フラット法務事務所までお問い合わせください♪

 

行政書士法人フラット法務事務所は、積極的に事業展開している起業家・経営者の皆様に、事業に専念し利益の追求できるようにサポートさせていただき、共にお客様の事業利益の最大化を目指します。

実際にベンチャー企業や中小企業で経営を経験してきたからこそ提案できる企業法務、財務、新規事業の法的調査、融資、出資、経営管理部門サポート等をさせていただきます。個人事業主、一人会社、小さな企業の方もご遠慮なくご相談ください。

公式HP

flat-office.com

契約書サポート(契約書作成代行、リーガルチェック)

flatoffice.info/keiyaku

小さな事業者サポート(小規模事業者専用お手軽プラン)

flatoffice.info

企業法務サポート

flat-office.com/houmu