コラム

不動産売買契約書リーガルチェックのポイントは?宅建士で行政書士が解説

 不動産取引において、売買契約書のリーガルチェックは非常に重要です。不動産取引は高額な取引であり、契約内容に不備や不明確な点があると、後々大きなトラブルに発展する可能性があります。この記事では、宅建士でもあり行政書士でもある筆者が、不動産売買契約書のリーガルチェックのポイントについて詳しく解説します。

 

 

1. 契約書の基本構成の確認

 まず、不動産売買契約書は以下の基本的な構成を持っていることが重要です。

  • 契約当事者の明示:売主と買主の氏名、住所などの基本情報が正確に記載されているか。
  • 物件の特定:売買の対象となる不動産が具体的に特定されているか。地番、所在地、面積、構造など。
  • 売買代金の明示:売買代金が明確に記載されているか。支払い方法や支払い期日も含まれているか。
  • 契約日と引渡し日:契約日、物件の引渡し日が明示されているか。

 契約書の基本構成が不十分であると、契約自体の有効性が疑われることがあります。例えば、売主の氏名が正確に記載されていない場合、契約が無効となる可能性があります。また、物件の特定が不十分であると、どの物件を売買するのかが曖昧になり、トラブルの原因となります。

 

2. 権利関係の確認

 不動産取引において最も重要なのは、その不動産の権利関係です。次の点をチェックします。

  • 登記簿の確認:物件の登記簿を確認し、売主が真の所有者であることを確認します。また、抵当権や地上権などの担保権が設定されていないかも確認します。
  • 公図や測量図の確認:物件の境界が明確であることを確認します。境界に不明確な点がある場合、後々のトラブルに発展する可能性があります。
  • 契約不適合責任:売主が物件に対して負う契約不適合責任について明確に記載されているかを確認します。これには、物件の欠陥や瑕疵に対する責任が含まれます。

2.1.登記簿の確認

 登記簿は、不動産の所有者や権利関係を明示する重要な書類です。登記簿を確認することで、売主が真の所有者であることを確認できます。例えば、登記簿に売主の名前が記載されていない場合、売主はその不動産を売却する権利を持っていない可能性があります。また、抵当権が設定されている場合、その不動産は借入金の担保となっており、買主がそのまま購入することは困難になってしまうので金融機関との調整が必要です。

2.2.公図や測量図の確認

 公図や測量図を確認することで、物件の境界が明確であることを確認できます。境界が不明確な場合、隣接地とのトラブルに発展する可能性があります。例えば、隣地との境界が曖昧であると、将来的に境界線をめぐって訴訟に発展することもあります。そのため、公図や測量図の確認は非常に重要です。

 

3. 代金支払いと手付金の扱い

 代金支払いの条件や手付金の扱いについても重要なチェックポイントです。

  • 支払い条件の明確化:売買代金の支払い条件(例:一括払い、分割払い、ローン利用など)が明確に記載されているか確認します。
  • 手付金の扱い:手付金の額、支払い時期、契約解除時の返金条件などが明確に記載されているか確認します。手付金は契約解除時のペナルティとして機能するため、その取り扱いは慎重にチェックする必要があります。

3.1.支払い条件の明確化

 支払い条件が明確に記載されていないと、後々のトラブルの原因となります。例えば、売買代金を分割払いする場合、その分割条件(支払い回数や期日)が明確に記載されていないと、支払い遅延や未払いのリスクが高まります。また、ローンを利用する場合は、ローンの承認が得られなかった場合の対処方法についても記載しておく必要があります。

3.2.手付金の扱い

 手付金は、契約締結時に買主が売主に支払う金銭であり、契約解除時のペナルティとして機能します。手付金の額や支払い時期、契約解除時の返金条件が明確に記載されていることが重要です。例えば、手付金が返金されない条件が明確でない場合、契約解除時にトラブルが発生する可能性があります。

 

4. 契約解除条件

 契約解除条件についても詳細に確認します。

  • 解除条件の明示:どのような場合に契約を解除できるのかが明確に記載されているか確認します。例えば、買主がローンの承認を得られなかった場合や、売主が物件の引渡しを遅延した場合などです。
  • 解除手続きの具体化:契約解除の手続きについても詳細に記載されているか確認します。解除の通知方法や期限が記載されているか確認しましょう。

4.1.解除条件の明示

 契約解除条件が明確に記載されていないと、解除が有効かどうかについてトラブルが生じる可能性があります。例えば、買主がローンの承認を得られなかった場合、契約を解除するための手順が明確になっていないと、買主は不利な立場に立たされることになります。売主が引渡しを遅延した場合も同様です。そのため、解除条件が具体的かつ明確に記載されていることが重要です。

4.2.解除手続きの具体化

 契約解除の手続きについても詳細に記載されているかを確認します。解除の通知方法(郵送、書面による通知など)や期限が記載されているかを確認します。これによって、契約解除を行う際の手順が明確になり、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

5. 契約不適合責任の確認

 不動産売買契約書には、契約不適合責任に関する条項が含まれていることが一般的です。これは、売主が買主に対して売却物件が契約内容に適合していることを保証する責任を指します。

5.1.契約不適合責任の内容

 契約不適合責任には、以下のような内容が含まれます。

  • 物件の瑕疵:売買物件に物理的な欠陥や瑕疵がある場合、売主はその修復または補償を負う責任があります。例えば、建物の構造上の問題や潜在的な隠れた欠陥などが該当します。
  • 公正な状態での引渡し:売主は、物件が売買契約書で定められた条件を満たしている状態で買主に引き渡す責任があります。物件の状態が契約内容と異なる場合、売主はその不備を解消するための責任を負います。

5.2.契約不適合責任の有効性

 契約不適合責任が法的に有効であるかどうかを確認することも重要です。契約不適合責任が不適切な条件を含んでいたり、消費者契約法や民法などの法律に違反している場合、その条項は無効とされる可能性があります。そのため、契約不適合責任の内容を慎重にチェックし、法的な観点からも問題がないことを確認する必要があります。

 

6. 特約事項の確認

 不動産売買契約書には、一般条件に加えて特約事項が含まれる場合があります。

  • 特約事項の内容:特約事項として記載されている内容が明確かつ合意された通りか確認します。例えば、特定の修繕費用の負担、既存家具の取り扱い、使用権の制限などが含まれる場合があります。
  • 特約事項の有効性:特約事項が法的に有効であるかを確認します。特約事項が不適切な場合、その部分の契約は無効とされる可能性があります。

6.1.特約事項の内容

 特約事項は、売買の当事者間で合意された特別な条件や取り決めを指します。例えば、売買物件に特定の修繕が必要である場合、買主がその修繕費用を負担することが特約事項として記載されることがあります。特約事項は契約の一部として重要な役割を果たすため、その内容が明確に記載されていることが重要です。

6.2.特約事項の有効性

 特約事項が法的に有効であるかを確認することも重要です。特約事項が不適切である場合、例えば不当に不利な条件を含んでいたり、公序良俗に反する場合、その特約事項は無効とされる可能性があります。特約事項の有効性をチェックすることで、将来的な法的争いを防ぐことができます。

 

7. 専門家のアドバイスの重要性

 不動産売買契約書のリーガルチェックにおいて、専門家のアドバイスを受けることは非常に重要です。

  • 宅建士、行政書士や弁護士の役割:宅建士、行政書士や弁護士は、不動産取引における法的な専門知識を持ち、契約書のチェックや助言を行います。特に複雑な契約条件や法的問題がある場合には、専門家のアドバイスを受けることが推奨されます。
  • 事例の活用:過去の事例や専門家のコメントを参考にすることで、実際のトラブル事例を予測し、それに対する対策を考えることができます。

 

8.まとめ

 不動産売買契約書のリーガルチェックは、不動産取引において不可欠なステップです。契約書の基本構成、権利関係、代金支払い条件、契約解除条件、契約不適合責任、特約事項など、多岐にわたるポイントを慎重にチェックすることで、将来的なトラブルを回避し、円滑な取引を進めることができます。

 専門家のアドバイスを活用し、実務経験に基づいた事例やコメントを参考にすることで、より信頼性の高い不動産取引を行うことができます。不動産売買契約書のリーガルチェックにおいては、情報の正確性と法的な安全性を確保することが肝要です。

 以上が、不動産売買契約書のリーガルチェックのポイントについての解説です。不動産取引においては、契約書の内容を十分理解し、専門家のアドバイスを受けながら進めることが成功への重要な鍵となります。

 

*記事内の事例(ケース)については、行政書士法人フラット法務事務所で経験したものだけでなく想定ケースも含まれ、実際の事例とは異なることがあります。

 

 

契約書の作成やチェックのご相談はお気軽に行政書士法人フラット法務事務所までお問い合わせください♪

 

行政書士法人フラット法務事務所は、積極的に事業展開している起業家・経営者の皆様に、事業に専念し利益の追求できるようにサポートさせていただき、共にお客様の事業利益の最大化を目指します。

実際にベンチャー企業や中小企業で経営を経験してきたからこそ提案できる企業法務、財務、新規事業の法的調査、融資、出資、経営管理部門サポート等をさせていただきます。個人事業主、一人会社、小さな企業の方もご遠慮なくご相談ください。

公式HP

flat-office.com

契約書サポート(契約書作成代行、リーガルチェック)

flatoffice.info/keiyaku

小さな事業者サポート(小規模事業者専用お手軽プラン)

flatoffice.info

企業法務サポート

flat-office.com/houmu